もなかsizeがちょうどいい。

~*結婚生活も子育ても我慢しない*~

①【卵白アレルギー】私の息子は卵白アレルギー。

訪問して頂きありがとうございます!(^^)/

コメントなどもお待ちしております

 

*******************

 

今日は息子と病院へ行ってきました!

 

実は卵白アレルギー持ちでして、1歳を過ぎたので値がどれくらい下がっているかを調べる為に採血検査を受けてきました。

 

f:id:tea-latte:20180221142332j:plain

卵白アレルギーで出た症状はこれでした。

嘔吐

生後9ヵ月半のある日のこと。

離乳食を始めてもう4ヵ月が過ぎ、卵黄は何度か食べていてなにも問題ありませんでした。

「卵白初めてだけどまぁ大丈夫でしょ、食べてくれるかな~♪(全然大丈夫じゃなかった!号泣)」

その日は全卵の炒りたまごを作って、赤ちゃんスプーン4杯ほど食べました。

主食、主菜(かぼちゃの甘煮)と合わせて半分ぐらい食べたところで少量嘔吐。

この頃は芋類やお粥が硬めだと時々オエッてなっていましたし、気になって定期健診時に質問したこともありましたが、よくあることですと言われたのでたいして気にしていませんでした。

「あら、はいちゃった。かぼちゃが飲み込みにくかったのかな、、、。」

私は食事を中断し、ミルクをあげることにしました。

機嫌も変わらずミルクもゴクゴク全量摂取し、嘔吐もみられませんでした。

 

発疹

息子をベビーベッドの中へ、私はいつも通り洗い物と片付けをしに台所へと移動しました。

その間、開けた戸の隙間から息子の様子をうかがいつつ用事を済ませ、そのまま乾燥し終わった洗濯物を取りに洗面所へ。

そしてリビングへと戻り、洗濯物を触るのが好きな息子をベビーベッドから抱き上げました。

機嫌は変わらず普通でしたが、お口の横にぷつんと小さな発疹が?出ていました。

「あれ?こんなのあったっけ。」

肌が薄く少しの摩擦でも赤くなったり発疹ができたりしていたので、これもたいして気にしていませんでした。

 

水膨れ様の発疹・体の掻痒感・発赤

息子を隣りに座らせて、私は洗濯物をたたんでいました。

すると夜勤明けの夫が帰宅。

「おかえり~!!」

夫が息子を抱っこ、昼食時の嘔吐した話と初めて卵白を少し食べた話をしました。

ふと息子の顔を見ると、目の下に両方同じ発疹が・・・発疹というより水膨れのようなものができていたのです。

と、突然息子が体を掻きむしりだし、同時に耳から腕、お腹までみるみる真っ赤に。

 

「これ完全にアレルギーだよね?!病院に電話しよ!!!(プチパニック)」

 

食事が終わってちょうど30分が過ぎた頃でした。

 

咳・全身発赤悪化

自宅近くの小児科に電話したのですが、診察時間はギリ終了していました。

息子の発赤は全身に拡がり、意識はしっかりしていましたがコホコホと咳もするように。

「もう救急車しかない!119番お願い!!!」

息子を抱く夫に向かって叫びながら私は保険証やら母子手帳、オムツやタオルなどを準備しました。

幸い夫も私も医療従事者なので、プチパニックは起こしながらも割と冷静に行動できました。(半ベソかいてたの誰だよ笑)

 

 

救急車到着、点滴と吸入で助かったよーー。

電話では息子の年齢、卵白を初めて食べこのような症状が出ていると報告。

救急車ですぐ病院へ運ばなければいけないレベルだと言われました。

5分ほどで救急車が到着し夫と共に息子に付き添い病院へ、車内では問診票を記入しました。

息子は寝台に寝かされ酸素マスクとモニターを装着されていました。

初めて見る救急隊員さんの姿や寝台に寝かされて色々つけられた恐怖心と、やはり体がしんどかったのでしょうか、息子は泣き出しました。

泣いていたので脈拍数はやや多かったものの、血圧や呼吸状態に問題はなく、意識も清明でした。

 

救急外来に運ばれ、息子は採血や点滴、吸入をして、約2時間ほどで元気になりました。

息子の治療が施され、状態が少し落ち着くまでの間、私達は息子の姿を見ることが出来ずにいました。

医師から、卵白を食べた経緯や症状が出るまでの経過、出たあとの様子など、事細かに問診されていたので。

問診はとても大事なことだとは思いますが、親としては息子のそばに居てあげたかったなぁと思いました。

 

 

あれからまだ卵白は食べていません。

卵黄は問題ないので食べていますが、採血の結果(11ヵ月の時点で)やはり卵白の値が高くアレルギーであることがはっきりしたので、あれから一切食べていません。

ただ、医師の話によると1歳半になればアレルギー症状が出にくくなるのだそうで、今回はその2回目の採血(1歳4ヵ月)だったというわけです。

 

来週に再診で、結果を聞きに行きます。

下がってるといいなぁ~(*^^*)

 

 

焦らず、ゆっくり、気長に。

息子は卵白アレルギーだけですが、小麦・大豆・乳製品・ばななetc、多くのアレルギーをお持ちのこどもちゃんやお母さんはとても大変だと思います。

食事作り、外食も気を遣いますし。

ちなみに私はまだお菓子やジュースを食べさせていないのですが、遠出する時には息子のお楽しみも兼ねてパンケーキや蒸しパンを作って持って行きます♪

米粉や大豆粉に(小麦粉より太らないし体にも良さそう)、野菜や果物、きな粉、ヨーグルトなど、なんでも子どもの好きな食材を入れて。

珍しいおやつに息子はバクバク美味しそうに食べてくれますよ!

朝ごはんにも良いですよね。

 

『アレルギーが何もなければいいのに、何でも一緒に食べれるのにな~。』

 

って思っちゃう日もありますよね。

でも、子どもちゃんと一緒に克服していくしか道はないんですよね。

焦らず、ゆっくり、気長に。

私の場合はもうちょっと気にしなさいって注意されちゃうかもしれませんが。笑

成長と同じく、日々着実に前に進んでるから!と思っています。

 

一緒に頑張りまっしょい。

 

*続き②はここから読めます*

 

 

 

また遊びに来たいなぁと思った方はポチッとどうぞ

応援クリックお願いします