もなかsizeがちょうどいい。

~*結婚生活も子育ても我慢しない*~

【兵庫県にお出かけ】親子連れに最適!可愛いコアラと自然溢れる"淡路ファームパーク イングランドの丘"に行ってきました。

 USJに続いて『淡路ファームパーク イングランドの丘』に行ってきました!

前に一度行ったことはあったのですが、断然今回の方が楽しめました。

 

f:id:tea-latte:20180329003846j:plain

 

ここが良い!と思いました。

季節の花を楽しめる

淡路島、のどかでとても癒されました。

入園ゲートをくぐるとその先にはチューリップが咲き乱れていました!!(≧▽≦)

 

f:id:tea-latte:20180328235250j:plain

 

こんなに色鮮やかで花びら大きかったかな?と感激。

 

f:id:tea-latte:20180329002204j:plain

 

とても美しく手入れがされていました。

夏にはひまわり、そして秋にはコスモスが見られるそう。

 

動物と触れ合える

グリーンヒルエリアに進み、うさぎやワラビー、インコ、そして11時半過ぎにはユーカリをむしゃむしゃ食べるたくさんのコアラの姿を見ることが出来ました。

名前、性別、年齢、性格など、コアラのプロフィールがそれぞれ書いてあるのですが、「一番のイケメン、女の子の前だと草食系男子、質より量でユーカリの好き嫌いがない」と書かれている子が。

ツッコミどころ満載ですが、ナイスな飼育員さんがいるのだな、コアラ愛に満ち溢れてるな、とこちらまで嬉しくなりました。

うさぎやモルモットとは直接触れ合えるそうなので、またの機会に挑戦してみます♪

 

トイレ・休憩場所が充実している

平日とはいえ、春休みのお出かけ日和となると予想以上に多くの人が。(カップルちらほら、圧倒的に親子連れ多数)

そこで気になるのがトイレや途中の足休め場所です。

息子のオムツもそろそろ変えたいし、と周りを見渡せばすぐ見つかりました!

案内図を見なくても、探し回らなくても、すぐに見つかるこの満足感。

赤ちゃんや小さな子どもを連れてのお出かけは、楽しいよりもやっぱり大変ですよね。

その原因のひとつはトイレがなかなか見つからないこと、授乳が必要な場合には、授乳室または授乳できそうな場所を急いで確保しなくてはならないプチストレス。

そんな問題もあまり気にしなくて良いと思えるくらい、全エリア内のあちこちにオムツ交換台付きトイレが設置されていましたし、授乳室も休憩室もたくさん見かけました。

改めて案内図で数えてみたところ、小規模のグリーンヒルエリアだけでもトイレは6箇所、オムツ交換台は4箇所、授乳室は2箇所、休憩室は1箇所ありました。

 

広大で歩く距離の長いイングランドエリアには、休憩室がなんと7箇所も!!

その代わり授乳室は残念ながら1箇所しか無いようです。

しかし、授乳室のすぐ隣に小さなおうちのような可愛い休憩室を発見。

 

 f:id:tea-latte:20180329011849j:plain

 

とても静かで誰も使用していなかったので、そこでも授乳できるのでは?と思いました。

長めのベンチも色んな所に設置されていましたので、いつでも座れて休憩出来ます。

車いす用トイレも全てのトイレに設置されているようなので、安心ですね。

 

美味しい食事

グリーンヒルエリア、イングランドエリア、どちらにもフードショップがあります。

グリーンヒルエリアにはハンバーガーとソフトクリームが食べられるショップが。

 

f:id:tea-latte:20180328235419j:plain

 

私は牛乳ソフト&びわソフトのミックスを夫とシェアしました。

あっさりな甘味で美味しかったです。

 

お楽しみのランチは、2両編成の無料シャトル列車(窓なし)に乗ってイングランドエリアへ移動。

もちろんベビーカーも乗せて移動出来ました。

悩んだ結果・・・"石窯ピッツァ工房"のピザとライスコロッケ、淡路島のブランドである"えびすもち豚"のソーセージとポークリブをchoiceしました♬

 

f:id:tea-latte:20180329001807j:plain

 

調理場のみのお店だったので屋外でのランチでしたが、息子がぐずったり紙皿を落としたりしても周囲に気を遣わなくて済んだので良かったです。

ちなみに息子は別の場所で、早々と持参していた納豆野菜入りご飯のお焼き&大好物ミニトマトを完食していました。

 

小規模のテーマパーク内のフードショップって値段は高いのに味が、、、(*_*)なんてことありませんか?

今までの経験からしてそういったことが多かったので、期待しないで食べたのですが。(失礼極まりない)

「美味しい!!( *´艸`)」

今回はどれも当たりの絶品でした。

ピザは焼きたて、ソーセージもジュージュー熱々でとても美味しかったです!

もうひとつ気になったお店は、ハンバーグやえびすもち豚カツのワンプレート、牛丼、カレーなどが楽しめるオシャレな"ファーマーズキッチン"。

淡路産のお肉や野菜を使ったメニューが頂けることと、低アレルゲンのお子様カレーもあったことが私的には魅力的なポイントでしたね。

隣りの焼肉も食べたかった。

 

自然に囲まれた遊びの広場

満腹になった後は、先頭を切って歩く息子を追ってイングランドエリア内を散策。

 

f:id:tea-latte:20180328235538j:plain

 

野菜畑が広がる田舎ならではの風景を眺めながら真っ直ぐ進んでいくと、右手には湖が。

 

 f:id:tea-latte:20180329001835j:plain

 

ヒルやコアラ形の可愛いサイクルボートに乗り、家族や子どもさんらが船遊していました。

自分で漕がないと進まないのがまた楽しい。(けっこうしんどいけど)

水が好きな息子も興味津々で上から見ていました。

そこからまたウォーキング、運動不足の私でも気持ち良く歩けるぐらいの距離でした。

水上に浮かぶ特大のアクアロールゴーカートグランドゴルフなんかもありました。

 

f:id:tea-latte:20180328235939j:plain

 

アスレチック、滑り台もとても楽しそうでしたよ~。

 

f:id:tea-latte:20180329000107j:plain

f:id:tea-latte:20180329000022p:plain

 

身長制限・年齢制限のあるものがほとんどなので、1歳半の息子が遊べそうなものは見つけられませんでしたが、どこまでも広がる豊かな自然に触れながら散歩出来る環境がとても素晴らしいと感じました。

4才以上だと色々楽しめるみたいなので、ぜひまた行きたいと思います!(^_-)-☆

 

直売所で激安の野菜が購入できる

帰りに寄ったのは、隣接している直売所の"美菜恋来屋(みなこいこいや)"。

新鮮なお肉、野菜、魚をはじめとする淡路名産品の数々がひろーい施設内で販売されていました。

私達がお昼に食べたソーセージも売っていましたよ。

目当てだった野菜がやっぱり安く売られていて、ブロッコリーミニトマト・小松菜・レタスの4品でなんと460円でした!!(≧▽≦)

見回るだけでも大いに楽しめる場所、決して損はしないと思います。

淡路名物のいちじくを使ったパウンドケーキ、やっぱり買えば良かったな。

2Fには自然派カフェの"キッチンユーカリが丘"がopenしていて、ランチやデザートが食べられます。

外から見ただけですが、ナチュラルテイストで清潔感のある空間でした。

また、小スペースではありますがキッズコーナーも完備されていて、可愛いアンパンマンの滑り台がありましたよ~。

 

今後のお楽しみ候補

  • コアラパンの手作り体験。
  • 野菜の収穫体験。
  • 乗馬。
  • ゴーカート。
  • 島ヨーグルト&島プリンを食べる。

そしてまたポークリブも食べたい。本当美味しかったので。笑

 

もなか評価5❤❤❤❤❤

2時間ぐらいの滞在と考えていた私ですが、結局倍の4時間滞在となりました。

お天気にも恵まれ、淡路島の最大の魅力でもある大自然に囲まれた『淡路ファームパーク イングランドの丘』は、思っていた以上にとても素敵な場所でした。

広すぎないので、疲れないところも良い。笑

駐車場が無料!という点も非常に嬉しいですよね。

営業時間は9時~17時(12月~2月は10時開園)と閉園がやや早いですので、ご注意を。

車いすは無料、ベビーカーは200円で貸し出ししてくれるそうです。(とっても親切な金額だよね)

 

また必ず行きます

少しでもお役に立てればと思い書いていましたら、載せた写真が10枚に( ;∀;)

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

 

 

また遊びに来たいなぁと思った方はポチッとどうぞ

応援クリックお願いします